代表プロフィール

「共に学び、共に育つ『共育(きょういく)』

はなはな*みかん 代表 久保 みどり

資格:保育士、幼稚園教諭一種免許、小学校教諭一種免許、
開発:視覚学習みるみるメソッド®(商標登録済)
キーワード:視覚支援、ハンドサイン(手話)、共感覚、共感覚理論、はないろキッズ

経歴

中村学園大学教育学部(福岡市)を卒業。東京都の児童養護施設の指導員、特別支援学校、小学校の講師などを経験。子育てをしながら保育士の資格を取得し、療育、心理学の知識を学ぶ。

香川ビジネス&パブリックコンペ2018グランプリ、日経新聞社第1回スタ★アトピッチJAPAN四国ブロック優秀賞、野村ホールディング賞などを受賞。
研究の挑戦は、現在進行形です。
受賞など実績はこちら

はなはな*みかんは、はないろキッズの成長を応援します!

はなはな*みかんは、「共に学び、共に育つ『共育(きょういく)』」をコンセプトに、発達障害の診断がつかず、教育と療育の間にいて困っている子どもたちはないろキッズの成長を目指し、保護者と学校・園の先生を含む指導者、困っている子ども自身、みんなが成長できることを目指しています。

「はないろキッズ」って?

発達障害の診断はつかないけれど、療育は受けていない子どもたちのこと。療育は子どもに合わせた治療と教育を受ける支援のこと。支援が必要と診断されると受けられます。でも、認定されていない子どものことをはなはな*みかんでは、様々な個性を伸ばしてほしいという思いを込めてはないろキッズと呼んでいます。

はないろキッズに必要な支援と教育が、みるみるメソッド

 診断がつかないはないろキッズは、療育に通わなくても、支援や教育を受けられるシステムがあれば、成長する可能性があります。

独自開発した教材 視覚学習みるみるメソッド®を用いて、支援します。

視覚学習みるみるメソッド®ができるまで

私自身も、キッズでした

高校生の時にたまたま見たテレビをきっかけに、私自身が「共感覚」を持っていた事に気付きました。

私の場合は、数字に「色」が付いていました。高校生になった頃には、共感覚は薄れていましたが、自分の中の不思議な感覚を解明できて、すっきりしたのを覚えています。

義務教育の間、得意な事と苦手な事の差が大きかった私には、忘れられない思い出があります。
小学2年生の時、私は転校しましたが、ちょうどかけ算を勉強していた頃でした。転校前は全く覚えられませんでしたが、転校後はすぐに覚えられました。その原因は「色」にありました。

転校前の学校では、かけ算の問題を段ごとにペンの色を変えて書かれていたのです。しかも色画用紙の上に。色と数字がごちゃごちゃになって、私は混乱していたようです。
転校後の学校では、先生が「おうちで聴くように」と、かけ算の歌が入ったカセットを貸してくれました。歌も楽しくて、すぐに覚えられたのでした。
同じ問題なのに、色があるかないか、教え方の方法によって、わかったりわからなくなったり、ということが起きていたのです。

さらにさかのぼって、幼児期のころには、共感覚による不自由は感じませんでした。車のナンバーや住所などを見るのが楽しかったです。住所を見て、数字がきれいな色の並びだと素敵なおうちだと思い、暗い色が並んだ住所を見ると、かわいそうなおうちだな、などと思っていました。

両親は、先生から私のそんな様子を指摘をされても、「ときどき不思議なことを言う子」と思うくらいで、さほど気にもせず、そのままを受け入れてくれました。とてもありがたいことです。
でも、もし、両親や指導者がもっと早く気づいてくれたなら、学ぶ方法を少し変えたり、工夫をすれば良かっただけだったのかもしれない、とも思います。
感覚的に思うことですが、きっと私のような子は、今、少なくないように思います。

「共感覚理論」では、私の体験から得たことも取り入れつつ、共感覚がない子も覚えられるように工夫をしました。また、共感覚を持っている子にとっては、色がついているカードは理解しづらいので、カードを使うことによって早期発見につながります。

このように、子どもの得意なところを伸ばし、苦手なところを少しでも減らせるように、その子に合う支援法や学習法が見つかるように考えて、みるみるメソッドの開発をこれからも続けていきます。

誰もが置いてけぼりにならない社会を作りたい

異年齢児も共に、障がい児も共に、三世代も共に、様々な「共に」を考えて、
交流の場を作るなど、現在に至るまで、活動をしてきました。

「親子教室のプログラムを教えて欲しい」
「子育て広場の運営方法を教えて欲しい」
「はなはな*みかんの教材を使いたい」
「障がいがあるお子さんが来た時はどうすればいい?」

このような相談を受けるようになりました。

運営している教室には、発達がのんびりのお子さんも、
幼稚園を受験するお子さんもやって来ます。

様々な活動を通してわかったことは、はなはな*みかんの遊びながら学べる教材、プログラムは、すべてのお子さんにお役に立つこと、でした。

「誰もが置いてけぼりにならない社会を作りたい」

この想いがどんどん強くなり、
完全オリジナルプログラム「視覚学習みるみるメソッド®」を開発しました。
教材の歌は作詞、作曲から着手し、曲やイラストも完全オリジナルとしました。

はなはな*みかんの誕生

活動を通じて、たくさんの人のお話や悩みを聞く機会が増えました。

昔から頭の片隅にあった、
「健常者と障がい者の住む世界が違う」ことも、気になっています。

子育て支援者、保護者、子どもたちを、
「それぞれの点をつなぐ、線になりたい」。
そんな思いで設立した「はなはな*みかん」。

「はなはな」は「花のように皆がそれぞれ美しい」こと。

「みかん」は夫の故郷に広がるみかん畑。
みかん畑を見たときに「活動を始めよう!」と決心した私の初心の象徴です。

この気持ちで、今日も「はなはな*みかん」の活動をしています。
お会いできるのを楽しみにしています。