【3/27(火)イオンモール高松ベビーサイン体験イベント】お話ができない赤ちゃんとコミュニケーション♪

ベビーサイン体験イベント@イオンモール高松♪

ただ今、63組という沢山の親子からご予約いただいております!

まだ、空きがございます。

各回30組の親子を募集!

■場所:イオンモール高松1階シーコート
■日程:3月27日(火)
■時間:①11時②13時③14時
■参加費:無料、お土産付き
■申込み:コチラ
ご予約お待ちしています!

ベビーサインとは

まだお話しができない赤ちゃんと手話やジェスチャーを
ベースにコミュニケーションを取る育児法です。

 手話やジェスチャーはコミュニケーションツール

耳が聞こえる、聞こえない、障害がある、ない、赤ちゃん、子ども、

お話しが出来ない人には、手話やジェスチャーはコミュニケーションツール。

言語です。この想いを持ち続け、改めて香川でも頑張ろうと思います。

障がいがある子もない子も集まると良いなぁ♪

 ベビーサインとの出会い

今から15年程前、耳の聞こえない子が生活をするろうあ児施設で働いていました。

手話を身に付けていない子も入所して来ます。
「ごはん」「おやつ」「お風呂」…少しずつですが、手話が身に付くと、

本当に落ち着くことを知りました。

ろう学校の幼稚部はママが付き添いです。

私も保護者の代わりに幼稚部の付き添いをしていました。

の弟や妹も一緒にやって来ます。0~2歳のお子さんです。

見ていると自然に手話で表現しているのにびっくりしたのを覚えています。

当時、それが話題になり、ママの一人がベビーサイン協会の代表理事である

吉中みちる先生の著者を読んでいて、指導員をしていた私もママ達もみんなで読みました。

まだ、ベビーサイン協会が出来る前のことです。

長男が生まれる前だから、もう15、16年前くらいかな?

「障がいがある子にもない子にも手話(ベビーサイン)は素晴らしい育児法」

と納得した瞬間でした。

当時のママ達は、弟や妹が手話をすることを逆に心配していたから。

その後、2人の息子をみちる先生の本を読みベビーサイン育児を楽しみました。

2011年311の震災の後、働き方を変えたいと親子教室を開講。

保育士とベビーサイン講師の資格を取得しました。

日本にベビーサインを持ち込んだ第一人者に学びたいと検索し、

ドキドキしながら申し込んだのを今でも覚えています。

私とベビーサイン

2002年 ベビーサインの存在を知る
2003~2007年 第1子、第2子をベビーサイン育児を独学でやる
2011年 ベビーサイン協会認定講師資格取得
311の震災の後、働き方を変えたいと親子教室を開講
2014年 第3子を約10年振りに出産し、再びベビーサイン育児を楽しむ
2017年 夫の実家である高松市に移住
2017年 3月より高松市鬼無町の自宅教室を再開

2018年 3月より高松市鬼無町に拠点を借りてスタート!

★ベビーサイン教室詳細はコチラ

小さなお手てでお話しをしてくれる姿は、本当に本当にかわいいですよ♪

ベビーサイン体験イベント@イオンモール高松♪

■場所:イオンモール高松1階シーコート
■日程:3月27日(火)
■時間:①11時②13時③14時
■参加費:無料、お土産付き
■申込み:コチラ

ご予約お待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA