包括的なサポートを行う専門機関

はなはな*みかんは、IN-Childとその保護者や学校・園の先生を含む支援者を
対象に包括的なサポートを行う専門機関です。
代表は、 IN-Child Recordを分析することができるIN-Child Adviserです。

お問合せが多いIN-Child Record個別分析は準備が出来次第お知らせいたします。

インチャイルド(IN-Child)

IN-Child(Inclusive Needs Child) とは、包括的な教育を必要とする子どものことです。
医療機関で診断された子ども(ADHD、ASD、SLDなど)だけでなく、
診断を受けていなくとも学習上や生活上の困難があり、支援が必要な子どもも含みます。
また、取り巻く環境等により一時的であっても包括的な教育が必要な子どもも含みます。
すべての子どもがより良い人生を過ごせるように、
という願いを助けるためのプロジェクトがIN-Child Projectです。

「気になる子」「気がかりな子」

発達の遅れや知的な遅れが見られる子だけでなく、情緒面や身体面に
ニーズのある子、家庭に悩みをかかえる子。
この子たちには担任の先生だけではなく、専門家を含めたチームでの
包括的教育が必要です。

これまで「気になる子」「気がかりな子」と呼ばれていたこの子どもたち
「IN-Child(イン・チャイルド)」と名付けました。

■IN-Child:➡コチラ