高松市鬼無コミュニティーセンター親子教室開催報告と次回日程

ママたちのお困りごと

今日は、高松市鬼無コミュニティーセンターで親子教室でした。
5月から月1回で担当講師をさせていただいています。

こんなママ達と出会って来ました。

・移住者でお友達もできなくて孤独
・ワンオペ育児でさみしい
・子育てがストレス。。。
・子どもに手をあげてしまう。。。
・発達がのんびりで不安
・発達障害かもしれない
・発達障害で我が子に合う手段を探し回っている
・他の子どもと比べてしまう
・子どものしかり方がわからない
・子どもの接し方がわからない

悩みはママ自身のこと。
子どものこと。
ママ自身の精神的なこと。
子どもの発達のこと。
子どもとの接し方のこと。

少しでも不安要素がなくなりますように

悩みに対して何にも対処ができないことで不安は広がります。
ママが何で困っているのか、悩んでいるのか、辛いのかを聞きます。

また、子どもの「困っている行動」を理解し、対処法を見つけることが大切です。
「いつ」「どこで」「どんな状況で」
などの情報から子どもを分析し、子どもを知るためにお話をしてもらいます。

短い時間ですが、少しでも不安要素がなくなればと思い、関わらせていただいています。
もちろん、話せる範囲で、無理がないように。
でも、気持ち溢れちゅこともしばしば。。。

療育と教育の制度の「狭間」

発達障害の診断が付かず、療育と教育の制度の「狭間」で、
不自由な思いをしている子どもたちを、サポートしたいという気持ちから
オリジナル視覚学習「みるみるメソッド」と教材開発をしています。

カードやハンドサイン(手話)を使い、身に付けておきたい
学習や生活を歌に合わせて楽しみながら学びます。

今日は、「お名前呼び」と「ご挨拶」のお歌をやりました。
「ハーイ」と手を挙げてお返事してくれたり、
お辞儀を真似っこしてくれたり、
とっても、可愛いかったです♪

子どもの特性を考えたうえで教育、支援を

プログラムや教材は、一部のツールに過ぎません。
支援者や保護者は、子どもの特性を考えたうえで教育、支援をする。
子どもは、自分に合う手法で、好きや得意を見付け自己表現をする。
ことが少しでもできたら。。。
幼児期から見付けられたら。。。
子どもは、幸せに過ごせるのではないかなと思います。

次回は9月9日(月)です!

はなはな*みかんの支援教室が高松市鬼無コミュニティーセンターにて開催♪
コミュニティーセンター主催ですので、ワンコインで受講できます。
***********
親子でストレスなくコミュニケーションができるようになるために、
生活や学習の仕方を身につけませんか?
歌に合わせて親子一緒に楽しく遊びながら学びます。
日頃の育児の悩みを話したり、相談できるように教室の後は、お話タイムの時間があります。

日時:9月9日(月)
場所:鬼無コミュニティセンター1階和室
住所:〒761-8023 香川県高松市鬼無町佐藤31-3
参加費:500円(教材費込み)
※教材が必要ない場合は無料です
定員:10組
対象:未就学児親子
※言葉の理解が難しい、かんしゃくを起こすなどお悩みの保護者を優先いたします。
※子育て支援者からのお申込みがございますが、親子対象を優先させていただきます。

★お申込みはコチラ

お会いできるのを楽しみにしています♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA